Widefone

Widefone

Widefone 8月1日先行サービス開始

Widefone

オフィスでも、テレワークでも
場所を選ばず使えるクラウドIPフォン《ワイドフォン》誕生!

テレワーク(リモートワーク)、バーチャルオフィス、フリーアドレス…自由で柔軟な、新しい働き方が拡がっています。
Widefoneは、そうしたワークスタイルの変化を背景に、ビジネスにおけるコミュニケーション手段のあり方を問い直すことから生まれた、VoIP(Voice over Internet Protocol)基盤の通信サービスです。
VoIP基盤の電話応用サービスに取り組み始めて10余年。ワイドテックならではの電話に関する豊富な知見、蓄積された技術とノウハウの集大成として、自社開発したクラウドPBXプラットフォームを土台に、お客様に寄り添う、多彩でユニークなサービスを続々とお届けしてまいります。


New Widefoneシリーズ第1弾
Widefone CV [Cloud Voice]
8月1日先行サービス開始

ありそうでなかった、簡単導入・高品質クラウドIPフォン
初期費用も月額基本料も、1ユーザー900円(電話番号込み、税別)のワンプラン・ワンプライス

Widefoneシリーズ共通の特長

◆個人のスマホが仕事の電話に! BYODにうれしい

お手持ちのスマートフォン(個人・法人スマホ)に通話アプリをインストールし、簡単な設定だけで利用開始。
発信時にスマホ本体の電話番号は使用しません※1ので、通話相手には所属先で契約したWidefoneの外線電話番号が通知され、料金も所属先(Widefoneの契約者)宛への請求となります。
しかもWidefoneどうしなら、いくらかけても話しても、通話料金は無料。※2
特に、個人スマホの業務利用(BYOD=Bring Your Own Device)に最適です。


※1 Widefoneの通話には、電話回線ではなくデータ通信を利用しますので、スマートフォンでは定額データ契約、または定額制固定回線・Wi-Fi接続のご利用をおすすめします。

※2 内線通話、Widefoneの発行する050電話番号間での通話(2022年7月時点)。今後のサービス拡充により、Widefone相互でも通話が有料となるケースが追加される可能性があります。


◆工事・設備投資不要、セルフサービスで低価格

インターネットさえ使える環境なら、すぐに使い始められるフルクラウド基盤。回線やPBX(構内交換機)などの追加導入や工事は不要です。
さらに、手続きや設定の過程を極力シンプルにし、お客様自身でお申し込みから利用開始までをすべて叶えられる「セルフサービス」コンセプトにより、開通までのリードタイム短縮とともに、提供コストの削減も図っています。


◆2種類の代表着信機能を、Webからの簡単設定で実現

代表専用電話番号(オプション、月額300円/番号[税別])との併用により、着信すると対象の電話を一斉に鳴らし、最初に取ったユーザーとつながる「グループ着信」、あらかじめ設定しておいた優先順にもとづき、誰かが取るまで順番に鳴らす「リレー着信」の、2種類の代表着信機能を提供。
従来、専門知識が求められていた代表着信の設定を、Webベースのユーザー設定・管理画面から、お客様ご自身の手で実現し、活用していただけます。
もちろん、グループ・リレー着信を受けるユーザーは、社内外のどこにいても構いません。


グループ着信(例)
  • 外線から代表専用番号(オプション)の050-xxxx-5550にかけてもらうと、グループ配下の全端末が同時に鳴動します
  • 通話は最初に電話を取った人と成立します。この例では内線2002(外線050-xxxx-5552)が電話を取っています
グループ着信の図
リレー着信(例)
  • 外線から代表専用番号(オプション)の050-xxxx-5550にかけてもらうと、グループ配下の(1)が出ないと(2)へ…の要領で、予め設定された順序で着信がリレーされ、該当の端末が鳴動します
  • 通話はリレー過程で電話を取った人と成立します。この例では内線2004(外線050-xxxx-5554)が電話を取っています
リレー着信の図

固定電話をお使いなら、既存の固定電話番号から「ボイスワープ(NTT東西)」等の電話会社提供の転送サービスを用い、Widefoneの代表専用電話番号に転送させることで、取引先等に周知された電話番号を活かしたまま、Widefoneを用いた内線網が実現可能。PBXなどの設備更新も不要です。


◆回線とサービスが一体。しかも他社より3%安い通話料

Widefoneの電話番号付きアカウントは、ワイドテックの自社提供番号「IP電話サービス[050]」を組み込んでの発行となります。
全国共通の050番号(IP電話)とクラウドPBXサービスがまとめて契約でき、料金も一括請求。
回線とクラウドPBXの契約・請求が別々というサービスも多い中、「電話」として当たり前の姿にこだわりました。
加えて、通話時間・件数の多いお客様には特に嬉しい、他社との比較で3%安い通話料※3。短い通話がおトクな1分課金、1回あたりの通話時間が長めの方におすすめの3分課金の、2種類の課金プラン※4からお選びいただけます。
> 通話料金シミュレーションはこちら

※3 楽天コミュニケーションズ株式会社提供IP電話サービスの標準料金比

※4 Widefoneでは弊社「IP電話サービス[050]」の秒課金プランについて、セルフサービスでの提供は実施しません。


Widefone CV固有の特長

◆迷わない、悩まない。ワンプラン・ワンプライス
シンプルでお手頃、電話番号込みでもこの価格

サービスプランはたったひとつ。ユーザー数に関係なく、初期費用・月額基本料ともに1ユーザー900円(税別)均一という、シンプルなワンプラン・ワンプライスで提供します。
しかも、1ユーザーごとにもれなく、「050」で始まるIP電話番号を1つ付与。通話料が3%割引となる、Widefone独自の電話回線です。


◆導入してすぐに使える簡単設定

スマホ(iOS/Android)向けの標準通話アプリとして、定評ある国産IP電話クライアント「AGEphone Cloud(株式会社ageet製)」を採用。
お使いのスマホにAGEphone Cloudをインストールし、サービス名・ID・パスワードのたった3点を入力するだけで設定が完了する、簡単導入を実現しました。
着信待ち受け状態でのアプリの消費電力を抑えるプッシュ着信に対応し、端末ローカルでの通話録音など、機能も豊富です。

導入してすぐに使える簡単設定

◆セキュアなクラウド電話帳をオプションで提供

Widefone CV(AGEphone Cloud)では端末の標準電話帳(連絡先・アドレス帳)がそのままお使いいただけるほか、オプション「+電話帳Cloud」(株式会社ageet 製、月額200円[税別]※1)の併用により、端末側の電話帳や履歴と完全に分離し、業務用のデータを端末に残さないセキュアなBYOD環境を実現します。

※1 +電話帳Cloudのご注文時、開通まで最大7営業日程度お待ちいただく場合がございます。


◆お好みのIP電話アプリや固定IP電話機も使える、高い汎用性

独自開発の汎用クラウドPBXが基盤のWidefone CVなら、AGEphone Cloudだけでなく、既存のさまざまなスマホ用・PC用IP電話アプリ(ソフトフォン)※2や固定型IP電話機※3も利用可能。他社のクラウドPBXサービスで使用中の既存IP電話端末を、Widefone CVに乗り換えてからも、引き続きそのままお使いいただけます。

※2 Zoiperシリーズ、Acrobits Softphone/Groundwire(いずれも特定サービス向けのOEM製品を除く)など

※3 Grandstream Networks社製SIP電話機での動作を確認済み。動作確認機種は順次追加予定


こんなお客様に、特におすすめします

  • テレワーク(リモートワーク)やフリーアドレス対応などのためにスマホ内線化を導入したいが、既存交換設備(PBX)の更新にコストが掛けられない
  • 新規の起業で業務用の電話が必要。できるだけ安く導入したい
  • 法人携帯電話の廃止・縮小、BYOD(私物端末の業務利用)推進のために、社員の個人(私物)スマホに簡単にインストールでき、請求を会社に回せる電話が必要
  • 普段使用中の携帯電話キャリアの大規模通信障害に備え、自宅や公衆Wi-Fi等の環境下でも通話ができる、バックアップ用の通話手段がほしい
  • 端末やPBXなど音声通信手段への重複投資を抑え、省資源・省エネルギーを通じて持続可能な社会(SDGs)に貢献したい

Widefone CV料金表

【料金は税別です】

初期費用 900円/ユーザー(含電話番号開通費)
月額基本料 900円/ユーザー(含050番号、AGEphone Cloudサブスクリプション)
オプション 代表専用電話番号: 月額300円/番号(初期費用500円/番号)
クラウド電話帳(+電話帳Cloud): 月額200円/ユーザー(初期費用なし)
通話料金 【Widefone、弊社IP電話サービス[050]または無料通話対象IP電話番号宛】 無料
有料通話は以下の料金より3%割引で請求いたします
【3分課金プラン】 固定電話・他社IP電話宛 8円/3分
【1分課金プラン】 固定電話・他社IP電話宛 3.8円/1分
【携帯電話宛(両プランとも)】 15.9円/分

※無料通話対象となるIP電話番号については、弊社「IP電話サービス[050]」Webページをご覧ください。

※Widefoneで秒課金プランをご希望の方は、別途お問い合わせください。

Widefone CVC [CloudVoice Custom]

Widefone CV向けに開発したクラウドPBXを基盤とし、利用回線・端末を含むサービス構成をお客様の要望に応じてカスタマイズ可能な、大規模導入向けプランです。
既存回線や設備のマイグレーション、サーバーの専用化など、柔軟に対応します。


Widefone UCaaS(仮称)2022年内提供予定

自社開発「UCaaS(ユーキャス=Unified Communication as a Service)」アプリで実現する
フルクラウド・リッチコミュニケーションサービス

Widefone UCaaS
  • 音声(電話)、ビデオ通話・Web会議、チャット、画面共有、ファイル転送をワンストップで提供
  • スマートデバイス(iOS/iPadOS/Android)はもちろん、PC(Windows/Mac/ Chromebook)にも対応
  • Widefone CV(内線・外線)との同一契約内での混在利用も可能

お申し込み方法・お問い合わせ先

Widefone CVは、2022年8月1日から、お申し込みの受け付けを開始しております。
こちらのフォームよりお問い合わせください。折り返し、メールにて申込書(PDFファイル)を送付させていただきます。

※お申し込みは原則として法人のお客様に限らせていただきます。

※2022年9月までに、オンラインサインアップ機能を提供開始する予定です。


◆本人確認書類ご提出のお願い

Widefoneシリーズの新規お申し込みにあたっては、犯罪収益移転防止法に基づき、本人確認書類の事前提出が必要となります。
お申し込みいただく際、申込書の送付とともに改めてご案内いたしますが、提出および提出書類について事前にご確認されたい場合は、こちらのページをご覧ください(提出書類は弊社「転送録」と同様ですので、転送録サイトにリンクしております)。
なお、弊社のIP電話サービス[050]やIP電話応用クラウドサービス「転送録*」「急コール」を既にご利用のお客様は、改めてご提出いただく必要はございません(申込書に弊社既存サービスのIDをご記入ください)。

* 電話転送切替、チェックコールサービスのみをご利用のお客様は、ご提出が必要となります。


◆ご利用にあたっての注意事項

※IP電話はアクセス回線としてインターネットを使用します。電話サービスの品質は、ご利用になるアクセス回線に影響される場合があります。

※一部のモバイル系Wi-Fiサービス(モバイル/ホームルーターで通信事業者側からプライベートIPアドレスが付与されるもの)やVPNの配下では、通話が不安定になる可能性があります。

※その他、IP電話に関する一般的な注意事項は、弊社IP電話サービス[050]のWebサイトも併せてご覧ください。

Widefoneは、株式会社ワイドテックの登録商標(第6583870号)です。
Widefoneは、中小企業庁所管「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金(通称「ものづくり補助金」、第8次・一般型)」の補助対象事業です。