月別アーカイブ: 2017年9月

ニュース

RPAソリューション「WinActor」を販売開始

2017年9月29日

~ 純国産RPAによるGUI作業の自動化を通じて「働き方改革」を推進
「CEATEC JAPAN 2017」にも出展 ~


株式会社ワイドテック(本社・東京都千代田区、代表取締役・李光一郎)では、NTTアドバンステクノロジ株式会社の開発したWindows用RPA(Robotics Process Automation)ソリューション「WinActor(ウィンアクター)」の販売取扱に向け、総販売代理店である株式会社NTTデータとの間で、このほど代理店契約を締結しました。

RPAは主にMicrosoft OfficeなどのオフィスアプリケーションやWebブラウザといったGUI(グラフィカル・ユーザーインターフェース)ソフトウェア上で、これまで人の手で行われてきたキー入力やマウス操作などを自動化するもので、「ソフトウェアロボット」とも呼ばれています。RPAは政府が国策として推進中の「働き方改革」の実現に向け、業務効率を飛躍的に向上させるツールとして昨今にわかに注目を集めています。
日本ではRPAが海外製品の導入により立ち上がったことから、操作用のGUIが日本語に翻訳されずに提供されているものが少なくありません。しかしながらNTTの研究所で2010年に開発された国産RPAの草分けであるWinActorは、誕生当初から日本語GUIを備え、日本語のPC環境上で検証された、誰もが安心して使えるRPAです。

    ■ 「WinActor」の特徴

    • 【ポイント1】熟練者の操作を記録し、高速で再現
      作業熟練者のPC操作を記録し、それを実行するだけの簡単さ。WinActorを使うことで、熟練者の作業を正確に再現し短時間で大量の処理を行うことができるため、業務の大幅な効率化を実現します。
    • 【ポイント2】作業はシナリオ選択のみでOK
      さまざまな形式のデータでも、それぞれの自動化シナリオを作っておけば、あとはシナリオを選ぶだけでOK。また、シナリオはプログラミングの知識がなくても簡単に修正が可能です。
    • 【ポイント3】ヒューマンエラーによる作業ミスを軽減
      元データの情報に応じて入力先や入力内容を自動選択することも可能なため、さまざまな投入作業にも柔軟に対応し、人手で入力する際に避けられない入力ミスなども削減できます。

    当社ではエンタープライズITシステムの運用管理市場に向け、サーバーやネットワーク機器を対象とした運用自動化ソリューション「POLESTAR Automation」を提供しています。今回、WinActorの取扱開始により、大規模データセンターにおける運用管理から、クライアントPC上での諸作業まで、業務自動化をワンストップで幅広く提案できる体制を整えました。

    ■ CEATEC JAPAN 2017に出展します

    当社では「WinActor」を、来る10月3日(火)~6日(金) に幕張メッセにて開催される、国内最大のCPS(サイバーフィジカルシステム)とIoT(モノのインターネット)の総合展示会「CEATEC JAPAN 2017」に出展し、デモや導入のご相談を承ります。

    《CEATEC JAPAN 2017について》

    会期 2017年10月3日(火)~6日(金)
    場所 幕張メッセ(千葉市美浜区)
    URL http://www.ceatec.com/ja/
    当社ブース番号 ホール2 C127(ホール2入口階段を降りて左手すぐ)

    ワイドテックでは、引き続きWinActorやPOLESTAR Automationなど多彩な業務自動化製品ラインナップの充実を図り、「自動化のトータル・ソリューション・プロバイダー」としての活動をさらに強化して行きます。

    以 上

    お問い合わせ先:
    株式会社ワイドテック
    プロダクト事業部 WinActor営業担当
    電話:03-5829-4178 FAX:03-5829-6258
    E-mail: winactor@widetec.com
    ワイドテックWinActor Webサイト:https://winactor.widetec.com

ニュース

「メールで電話がかけられる!」 画期的新サービス「急コール」を開発

2017年9月26日

~ 複数の相手に発信、プッシュボタンで応答も可能。
特許出願中、「CEATEC JAPAN 2017」にも出展 ~


株式会社ワイドテック(本社・東京都千代田区、代表取締役・李光一郎)では、電子メールを1通送信するだけで、複数の相手に電話を自動発信できる新しい通信サービス「急コール(きゅうコール、欧文表記:CueCall)」を開発し、このほど提供を開始しました。

複数の相手に対して連絡を取りたい場合、最近ではSNSアプリなどが利用されることも増えていますが、急ぎの連絡手段として多くの人が思い浮かべるのは「電話」、次いで「メール」という調査結果が出ています。*

*出典: 「防災についてのアンケート・ランキング 第2弾(2016年7月29日、ニフティ株式会社)」
http://chosa.nifty.com/life/chosa_report_A20160729/6/
設問「緊急時の連絡手段として、想定しているものは?(複数回答可)」に対する3,074 件の有効回答中、1位は「携帯・スマートフォンの電話」76%、2位は「自宅の電話」と「メール」が40%(同率)

電話は特に即時性に優れていますが、基本的に1対1の連絡手段である上、連絡を取りたい相手に1人ずつ電話をかけたとしても、必ず出てもらえるとは限りません。
そこで当社では、急を要する場合の連絡手段として最も想起率の高い「電話」と「メール」を組み合わせ、メールを合図(cue)に電話を自動音声により発信する(call)技術を開発しました。さらに、当社がクラウド型電話転送サービス「転送録」で培ってきた「順次転送」のノウハウも応用し、1本のメールで複数の相手に電話発信が可能な、これまでになかった画期的な通信サービス「急コール(CueCall)」として、完成に至ったものです。
なお、本技術につきましては、特許を出願しました。

    ■ 「急コール」の主な機能

    • メールを1通送るだけで、あらかじめ登録しておいた複数の相手を電話で呼び出せる
    • メールの内容を解析し、適切な相手を自動的に選んで電話発信
    • 電話を受けた相手は、自動音声案内を聞き、電話機のプッシュボタン(トーンダイヤル)で回答可能
    • メール送信者はWebまたはメールで、回答結果を閲覧可能
    • 音声合成による案内メッセージの自動生成(開発中、オプションとして提供予定)

    「急コール」の主な対象顧客としては、BCP(事業継続計画)対策のための連絡網を構築したい官公庁・自治体・企業、医療機関・介護業界、24時間・365日ノンストップ稼働の工場やデータセンター、警備業界、シフト勤務を行うサービス業界などを想定しています。

    本サービスの提供価格は、案件ごとの個別見積とします。

    ■ CEATEC JAPAN 2017に出展します

    当社では「急コール」を、来る10月3日(火)~6日(金) に幕張メッセにて開催される、国内最大のCPS(サイバーフィジカルシステム)とIoT(モノのインターネット)の総合展示会「CEATEC JAPAN 2017」に出展し、デモや導入のご相談を承ります。

    《CEATEC JAPAN 2017について》

    会期 2017年10月3日(火)~6日(金)
    場所 幕張メッセ(千葉市美浜区)
    URL http://www.ceatec.com/ja/
    当社ブース番号 ホール2 C127(ホール2入口階段を降りて左手すぐ)

    ワイドテックでは、「急コール」をはじめとしてユニークな電話関連サービス・製品を豊富に取り揃え、電話をもっと便利に活用するための多彩なソリューションを引き続き提案して行きます。

    以 上

    お問い合わせ先:
    株式会社ワイドテック
    プロダクト事業部「急コール」営業担当
    電話:03-5829-4886 FAX:03-5829-6258
    E-mail: cuecall@widetec.com
    「急コール」Webサイト: https://cuecall.jp

    【ご参考】

    1) 「急コール」のサービスイメージ

    1) 「急コール」のサービスイメージ

    2) 「急コール」ご利用例(ビル管理での異常発生対応)

    2) 「急コール」のサービスイメージ

ニュース

クラウド型電話転送「転送録」に 8つ目の新サービス「転送先増設」を追加

2017年9月19日

~ 各通信キャリアの制限をカバー、転送先の増設が何件でも可能「CEATEC JAPAN 2017」に出展、「基本料金半額クーポン」も配布します ~


株式会社ワイドテック(本社・東京都千代田区、代表取締役・李光一郎)では、好評のクラウド型電話転送サービス「転送録」に新たなサービスメニューとして、従来の転送サービスよりも多くの転送先電話番号を取り扱うことができる「転送先増設」を追加し、本日より提供を開始します。


    各通信キャリアの提供する電話転送サービス(NTTボイスワープなど)では、登録が可能な転送先の件数は最大でも5件までという制限があり、新しい転送先を登録したい場合は、先に登録した転送先を上書きしなければなりませんでした。また、登録されている転送先の変更は、電話機による手動のダイヤル操作を行う必要がありました。

    そこで、6件以上の転送先の電話番号を登録したいユーザーからのニーズに応えるべく、「転送録」の8つ目のサービスメニューとして「転送先増設」を開発しました。

    本サービスは、各通信キャリアの電話転送サービスの転送先に「転送録」の050IP電話番号を経由させ、同050IP電話番号内で転送先を増やす新発想により、ご契約数に応じて何件でも登録可能としました。

    また、電話機からの手動ダイヤル操作を必要とした各通信キャリアの電話転送サービスとは異なり、転送先の登録は、Webサイト上の操作で容易に行うことが可能です。さらに、各通信キャリアの転送サービスにはない、スケジュールによる転送先の自動切替も、オプションにて提供しています。

    多人数のシフト制による交代勤務、転送対象者が固定電話と携帯電話を使い分けているなど、多数の転送先の登録と切替を必要とする事業所に便利な新サービスです。

  1. 【「転送録」転送先増設サービスの概要】
  2. – 転送先の登録と切替が「転送録」Webサイトから可能
    – スケジュールによる切替の自動化(オプション)にも対応
    – 基本料金\1,000(転送先10件を含む)からの手頃な月額利用料金
    詳細は、「転送録」Webサイトの「転送先増設」紹介ページにて案内しています。
    https://www.10so6.com/product-info/listexpand

  3. ■ CEATEC JAPAN 2017に出展します
  4. 当社では「転送録」を、来る10月3日(火)~6日(金) に幕張メッセにて開催される、国内最大のCPS(サイバーフィジカルシステム)とIoT(モノのインターネット)の総合展示会「CEATEC JAPAN 2017」に出展します。

    当社ブースでは「転送録」のデモや導入のご相談、お試しサービスのご案内とともに、ご来場いただいた方への特典として、「転送録」各サービスの新規契約時から3ヶ月間の月額基本料金が50%割引となる「基本料金半額クーポン」を配布します。

    《CEATEC JAPAN 2017について》

    会期 2017年10月3日(火)~6日(金)
    場所 幕張メッセ(千葉市美浜区)
    URL http://www.ceatec.com/ja/
    当社ブース番号 ホール1 C127(ホール1入口階段を降りて左手すぐ)

    ワイドテックでは、引き続き「転送録」を当社電話関連事業における主力サービスとして、サービスのさらなる充実を図りながら、今後とも電話をもっと便利に活用するための多彩なソリューションを提案して行きます。

以 上

本プレスリリースに関するお問い合わせ先は、以下の通りです。

株式会社ワイドテック
プロダクト事業部「転送録」担当
電話:03-5829-4886 FAX:03-5829-6258
E-mail: 10so6.support@widetec.com
「転送録」Webサイト: https://www.10so6.com

ニュース

IT運用自動化製品「POLESTAR Automation」がネットワーク機器自動化に対応

2017年9月11日

株式会社ワイドテック(本社・東京都千代田区、代表取締役・李光一郎)では、IT運用自動化ソリューション「POLESTAR Automation」にネットワーク自動化機能を追加し、10月より順次提供を開始いたします。


POLESTAR Automationは、扱いやすいユーザーインターフェース、スピーディな初期導入が図れる豊富なテンプレート群、そしてWindows、Linuxから各種商用UNIXまでの幅広いOS対応といった特徴を持つIT運用自動化ソリューションです。


従来、POLESTAR Automationではエージェント組み込み型によるサーバー運用自動化機能を主体に提供してきましたが、発売当初から要望の多かったネットワーク機器への対応として、今回新たにルーターやL2/L3スイッチなどに対する情報収集と制御の機能を追加し、自動化の対象をさらに拡げました。


  1. ■ POLESTAR Automation「ネットワーク自動化機能」の概要
  2. ルーター、L2スイッチ、L3スイッチなど、ネットワーク機器に対する動作情報の収集と、各種コマンドの送信を自動化します。

    • ネットワーク機器設定の一括適用・変更が、GUIベースの管理画面上からの操作により実施でき、あらかじめ設定したスケジュールに基づく自動実行も可能
    • SSHまたはTelnetを介してネットワーク機器のステータス情報を収集
    • 収集したステータスに応じて適切なコマンドを自動的に送信
    • グローバルベンダーの製品はもちろん、国内でシェアが高く、要望の多いアライドテレシス、ヤマハの機器にも対応

      【主な対応ベンダー】

      Cisco Systems/Juniper Networks/アライドテレシス/ヤマハ
      ※引き続き対応ベンダー/機器追加予定
    • POLESTAR Automationならではのテンプレートによる、簡単かつスムーズな導入
  3. ■ CEATEC JAPAN 2017に出展します
  4. 来る10月3日(火)~6日(金) に幕張メッセにて開催される、国内最大のCPS(サイバーフィジカルシステム)とIoT(モノのインターネット)の総合展示会「CEATEC JAPAN 2017」の当社ブースに、ネットワーク機器対応のPOLESTAR Automation最新バージョンを出展し、デモや導入に関する相談に応じます。

    《CEATEC JAPAN 2017について》

    会期 2017年10月3日(火)~6日(金)
    場所 幕張メッセ(千葉市美浜区)
    URL http://www.ceatec.com/ja/
    当社ブース番号 ホール1 C127(ホール1入口階段を降りて左手すぐ)

    ワイドテックでは、今回のPOLESTAR Automationのネットワーク機器対応を機に、引き続き今後ともユーザーからの要望を最大限反映させ、製品力の向上と強化を図りながら、さらなる拡販へとつなげて行きます。

以 上

ニュース

「CEATEC JAPAN 2017」(10/3~6、幕張メッセ)出展のお知らせ

2017年9月4日

~ ワイドテック、「CEATEC JAPAN 2017」に初出展 ~

株式会社ワイドテック(本社・東京都千代田区、代表取締役・李光一郎)は、来る10月3日(火)~6日(金) に幕張メッセにて開催される、国内最大のCPS(サイバーフィジカルシステム)とIoT(モノのインターネット)の総合展示会「CEATEC JAPAN 2017」に出展し、当社の主力製品群をご紹介します。

  1. 【CEATEC JAPAN 2017について】
  2. 会期 2017年10月3日(火)~ 6日(金)
    場所 幕張メッセ(千葉市美浜区)
    URL http://www.ceatec.com/ja/
    当社ブース番号 ホール1 C127(ホール1入口階段を降りて左手すぐ)
  3. 【ブース概要】
  4. 今回が初出展となる、CEATEC JAPAN 2017 ワイドテックブースのメインテーマは「自動化」です。

    当社では、システム運用と電話転送を二本柱として展開しています。今回はIT運用自動化ソリューション「POLESTAR Automation」、電話転送サービス/システム「転送録」「AUTOWARP」という「自動化」機能にフォーカスしながら、製品を直接体験できるデモ環境や説明資料をご用意します。

    加えて、今月末発表予定の新サービスを、初めて一般に公開します。

  5. 【出展製品】
  6. ① IT運用自動化ソリューション「POLESTAR Automation」

    「POLESTAR Automation」は、「導入のしやすさ」と「汎用性」が自慢の、サーバー・ネットワーク機器の運用自動化ソリューションです。

    定評のある扱いやすいユーザーインターフェース、充実のサーバー運用機能、幅広いOS対応、導入してすぐに実務に適用できるテンプレートの豊富さに加え、新たにルーターやスイッチなどネットワーク機器の制御をサポートしました。

    今回は発売以来、お客様からのご要望の多かったネットワーク機器対応の新機能を含むデモ環境一式をブース内に用意しますので、ご来場の皆様が直接体験していただくことができます。

    ② クラウド型電話転送サービス「転送録」

    大手企業から個人事業主まで、累計300社を超える幅広い分野のお客様に利用されている、追加設備不要の電話転送サービスです。

    「ボイスワープ(NTT東西)」など、通常は手動ダイヤル操作が必要な電話番号の切替を自動化・スケジュール化する「電話転送切替」をはじめ、事前に登録した複数の電話番号宛に早い者勝ちで着信させる「一斉呼出転送」、誰かが電話を取るまで順番に呼び出し続ける「順次転送」など、便利なサービスメニューを取り揃えています。

    ブースでは「転送録」ならではの簡単な設定操作を体感していただけます。また、お試しサービスのお申込みも承ります。

    ③ 電話転送自動切替システム「AUTOWARP」

    50回線を超える固定電話回線の転送先一斉切替に最適な、オンプレミス型の電話転送切替システムです。大手金融機関や公共インフラ事業者、全国チェーンの外食産業などで最大5,000回線の豊富な切替実績を有し、高い信頼性が評価されています。

    ブースには「AUTOWARP」のデモシステム一式をご用意し、ご来場の皆様に直接お試しいただけます。

    ④ 新サービスの披露

    今回のCEATECに向けて、これまでにない画期的な新サービスを発表します。

    詳細は9月下旬を目処に、改めて配信するプレスリリースを通じてお知らせします。

※ 各製品の詳細(後日発表の新サービスを除く)につきましては、当社Webサイト(https://www.widetec.com)でもご紹介しています。

ワイドテックでは、今回のCEATEC JAPAN出展を機に、”「自動化」のトータル・ソリューション・プロバイダー”としての活動を強化し、さらなるフィールドの拡大に引き続き努めてまいります。

■ ワイドテックについて

2000年の創業以来、ワイドテックは大手通信キャリア向けをはじめとする数多くのシステム開発から運用までを自社で手掛けながら、 高度なシステム構築とセキュリティに関する独自のノウハウを蓄積し、成長してきた技術者集団です。

近年はその豊富な経験を礎に、自社開発によるプロダクト・サービスの提供と改良に注力しながら、さらなる飛躍に向けた新たなプロジェクトにも取り組んでいます。