月別アーカイブ: 2017年9月

ニュース

「メールで電話がかけられる!」 画期的新サービス「急コール」を開発

2017年9月26日

~ 複数の相手に発信、プッシュボタンで応答も可能。
特許出願中、「CEATEC JAPAN 2017」にも出展 ~


株式会社ワイドテック(本社・東京都千代田区、代表取締役・李光一郎)では、電子メールを1通送信するだけで、複数の相手に電話を自動発信できる新しい通信サービス「急コール(きゅうコール、欧文表記:CueCall)」を開発し、このほど提供を開始しました。

複数の相手に対して連絡を取りたい場合、最近ではSNSアプリなどが利用されることも増えていますが、急ぎの連絡手段として多くの人が思い浮かべるのは「電話」、次いで「メール」という調査結果が出ています。*

*出典: 「防災についてのアンケート・ランキング 第2弾(2016年7月29日、ニフティ株式会社)」
http://chosa.nifty.com/life/chosa_report_A20160729/6/
設問「緊急時の連絡手段として、想定しているものは?(複数回答可)」に対する3,074 件の有効回答中、1位は「携帯・スマートフォンの電話」76%、2位は「自宅の電話」と「メール」が40%(同率)

電話は特に即時性に優れていますが、基本的に1対1の連絡手段である上、連絡を取りたい相手に1人ずつ電話をかけたとしても、必ず出てもらえるとは限りません。
そこで当社では、急を要する場合の連絡手段として最も想起率の高い「電話」と「メール」を組み合わせ、メールを合図(cue)に電話を自動音声により発信する(call)技術を開発しました。さらに、当社がクラウド型電話転送サービス「転送録」で培ってきた「順次転送」のノウハウも応用し、1本のメールで複数の相手に電話発信が可能な、これまでになかった画期的な通信サービス「急コール(CueCall)」として、完成に至ったものです。
なお、本技術につきましては、特許を出願しました。

    ■ 「急コール」の主な機能

    • メールを1通送るだけで、あらかじめ登録しておいた複数の相手を電話で呼び出せる
    • メールの内容を解析し、適切な相手を自動的に選んで電話発信
    • 電話を受けた相手は、自動音声案内を聞き、電話機のプッシュボタン(トーンダイヤル)で回答可能
    • メール送信者はWebまたはメールで、回答結果を閲覧可能
    • 音声合成による案内メッセージの自動生成(開発中、オプションとして提供予定)

    「急コール」の主な対象顧客としては、BCP(事業継続計画)対策のための連絡網を構築したい官公庁・自治体・企業、医療機関・介護業界、24時間・365日ノンストップ稼働の工場やデータセンター、警備業界、シフト勤務を行うサービス業界などを想定しています。

    本サービスの提供価格は、案件ごとの個別見積とします。

    ■ CEATEC JAPAN 2017に出展します

    当社では「急コール」を、来る10月3日(火)~6日(金) に幕張メッセにて開催される、国内最大のCPS(サイバーフィジカルシステム)とIoT(モノのインターネット)の総合展示会「CEATEC JAPAN 2017」に出展し、デモや導入のご相談を承ります。

    《CEATEC JAPAN 2017について》

    会期 2017年10月3日(火)~6日(金)
    場所 幕張メッセ(千葉市美浜区)
    URL http://www.ceatec.com/ja/
    当社ブース番号 ホール2 C127(ホール2入口階段を降りて左手すぐ)

    ワイドテックでは、「急コール」をはじめとしてユニークな電話関連サービス・製品を豊富に取り揃え、電話をもっと便利に活用するための多彩なソリューションを引き続き提案して行きます。

    以 上

    お問い合わせ先:
    株式会社ワイドテック
    プロダクト事業部「急コール」営業担当
    電話:03-5829-4886 FAX:03-5829-6258
    E-mail: cuecall@widetec.com
    「急コール」Webサイト: https://cuecall.jp

    【ご参考】

    1) 「急コール」のサービスイメージ

    1) 「急コール」のサービスイメージ

    2) 「急コール」ご利用例(ビル管理での異常発生対応)

    2) 「急コール」のサービスイメージ

ニュース

ワイドテック、ITインフラ運用自動化ソリューション「POLESTAR Automation」の最新バージョンを提供開始

2019年9月11日

~ 進化した新GUIで、運用最前線の業務負荷を軽減し、
属人化を排除 Zabbixなど外部の運用ツールとも連携 ~

株式会社ワイドテック(本社・東京都千代田区、代表取締役・李光一郎)は、同社が提供しているITインフラ運用自動化ソリューション「POLESTAR Automation(ポールスター・オートメーション)」の3年ぶりの全面改良となる最新バージョン「POLESTAR Automation V3(ブイスリー)」を、本日より出荷開始しました。

2016年10月の国内導入開始以来、大手通信キャリア納入などで着実に実績を積み重ねてきたPOLESTAR Automationは、デジタル・トランスフォーメーション(DX)があらゆる産業分野に浸透しつつある現在、製造業など非IT企業からの引き合いも増加しています。

最新バージョンとなるPOLESTAR Automation V3は、扱いやすく属人化しにくいGUIベースの管理画面、導入から運用開始までを短期間で実現する500種以上もの豊富なジョブテンプレート、幅広いOS・ネットワーク機器を統合的に管理可能な汎用性といった特徴を継承しながら、特に日本のユーザーからの要望に応え、徹底的な改良を図った製品です。
日常点検・脆弱性点検を含む構成管理、OSやファームウェアのアップデート、ミドルウェア・アプリケーションのインストールとパッチの適用、運用報告書の作成など、サーバーやネットワーク機器の運用にまつわる多様な業務を広範にわたり自動化します。

国内システム/サービス管理ソフトウェア市場は、2017年時点の前年比成長率が2.8%、総売上は2,707億円と着実に成長を続けており、2017年~2022年の年間平均成長率(CAGR)は4.0%、2022年の市場規模は3,292億円に達すると予測されています(※1)。
中でも運用自動化製品は、システム運用の最前線における人手不足や「働き方改革」といった労働環境の劇的な変化を背景に、少ない人数・限られた時間での運用業務遂行、作業負荷の軽減に不可欠なツールとして、引き続き高い成長が期待されるカテゴリーです。

  1. ■ POLESTAR Automation V3の新機能・改善点
    • 1. サーバーのエージェントレス管理に対応

    きめ細かなサーバー管理が可能でセキュリティ面でも優れた、従来からの定評ある「エージェント方式」に加え、SNMP/SSH/WMIなどの汎用的な管理インターフェースを通じて、専用プログラムをインストールすることなくサーバー運用の自動化を実現する「エージェントレス方式」にも、新たに対応しました。

    • 2. Zabbixなどとの外部連携のためのREST API搭載

    外部連携APIを持つ、既存のさまざまな運用管理製品との連携を実現します。
    例えば、国内で広く普及するオープンソース・ソフトウェア(OSS)の運用モニタリング製品「Zabbix®(ザビックス)」と組み合わせ、Zabbixからのシステム障害アラートをトリガーに、その後の障害回復処理を自動化することが可能となります。

    • 3. ネットワーク機器管理機能の充実

    ネットワーク機器へのコンフィギュレーションやアクセス制御リストの投入・更新、Cisco IOSのようなファームウェアのバージョンアップ、金融業界などで求められる高頻度のパスワード変更を手軽に行える、豊富なネットワーク機器管理ジョブを取り揃えました。
    また、ネットワーク機器だけを管理したいニーズに応えて、新たにお求めやすい価格の専用パッケージ「Network Edition」の提供も開始しました。

    • 4. 操作性とカスタマイズ性を向上させた、HTML5ベースの新GUI

    管理画面のユーザーインターフェースを一新し、ブラウザプラグインに依存せず、高速で軽快な操作を可能にしました。 加えて、必要な管理情報を好みの場所に配置してカスタマイズできる、ウィジェット型のダッシュボードも搭載し、POLESTAR AutomationならではのGUIによる扱いやすさを、さらに極めました。

    POLESTAR Automation V3は、ワイドテックより商用ソフトウェアとしてライセンス版あるいはサブスクリプション版として提供されます。価格は以下の通りです。

    • ライセンス版 1,200,000円~
      (最小購入数50ノード、税別)
    • サブスクリプション版129,600円~
      (最小購入数20ノード、年間使用料金(初回契約は2年分)、税別)

    POLESTR Automation V3は、Windows ServerまたはLinuxを管理側サーバーとして、Windows/Linux/Solaris/IBM AIX/HP-UXで動作する管理対象サーバー、ならびにMIB情報の取得可能なネットワークスイッチ・ルーターなどの各種ネットワーク機器の運用業務を、自動化・省力化します。

    POLESTAR Automationでは、教育・ジョブ作成代行などのサービスメニューも充実しているほか、導入・PoC(実機による評価)を実施する顧客を対象に、要望に応じたサンプルジョブスクリプトを10本まで提供するキャンペーン(12月29日まで)も実施しています。

    ワイドテックでは、幅広い運用シーンと多様なニーズに対応可能な、「使いやすく、確実に効果が出る」運用自動化ソリューションの提供を目指し、引き続きPOLESTAR Automationの製品力強化を図るとともに、販売・サポート体制の充実を推進していきます。

以 上

ニュース

ニュース

エージェントレス対応の新製品「POLESTAR Automation V3(仮称)」を
「Interop Tokyo 2019」に出展

2019年5月28日

~ API連携・高速なレスポンスも実現した新バージョン初公開 ~

株式会社ワイドテック(本社・東京都千代田区、代表取締役・李光一郎)では、来る6月12日(水)から14日(金)まで幕張メッセにて開催される、ICTの大型展示会「Interop Tokyo 2018」にITインフラ運用自動化ソリューション「POLESTAR Automation」を出展します。

POLESTAR Automationは、扱いやすいユーザーインターフェース、導入から運用開始までを短期間で実現できる200以上の豊富なポリシー・テンプレート、幅広いOS・ネットワーク機器を統合的に管理可能な汎用性を特徴とする、構成管理の自動化のためのソリューションです。
今回は、POLESTAR Automation初の大型バージョンアップとして、近日中にリリースを予定している新製品「POLESTAR Automation V3(仮称)」を、正式発売開始に先立ち、初めて公開します。


  1. ■ POLESTAR Automation V3(仮称)の概要
  2. POLESTAR Automation V3(仮称)は、ユーザーインターフェース(UI)を全面的に刷新し、併せて発売以来ユーザーからの要望が特に多かったサーバー運用のエージェントレス対応を図り、さらにAPIによる外部ツール連携などの新機能を搭載した、ITインフラ運用自動化・構成管理のための最新鋭のソリューションです。


    • 管理対象サーバーにエージェントを導入する従来の方式に加え、新たにエージェントレス方式によるサーバー運用管理にも対応
    • 外部ツールとの連携のためのREST APIを搭載し、例えばZabbix(R)などのモニタリング製品からのアラートをトリガーとした、障害対応の自動化が可能に
    • UIの全面HTML5化により、これまでにない軽快な操作感を実現

  3. ■ 展示内容
  4. ブースにPOLESTAR Automation V3(仮称)およびV2(現行製品)のデモ環境をご用意し、直感的なUIの操作感や豊富な機能をタッチ&トライできます。
    特に、今回はInteropというイベントの性格に合わせ、ネットワーク関連の自動化デモを豊富に取り揃えています。
    また、会場には技術および営業担当者が常駐し、来場者の皆様からの製品や導入に関するご質問、デモやPoC(概念実証)実施に関する相談に応じます。

    会期 2019年6月12日(水)~14日(金)
    12日(水) 10:30~18:00、13日(木) 10:00~18:00、14日(金) 10:00~17:00
    ※開場・閉場時間が毎日異なります。ご留意ください
    会場 幕張メッセ(千葉市美浜区・幕張新都心)
    入場料金 Interop Tokyo公式サイトからの事前登録により、無料で入場できます。
    ※当日入場の場合: \5,000(税込)
    当社ブース番号 5S13(ホール5)
    ※「NKIA」社ブースへの共同出展となります

    ワイドテックでは、幅広い運用シーンと多様なニーズに対応可能な、「使いやすく、確実に効果が出る」運用自動化ソリューション・POLESTAR Automationのさらなる進化、製品力強化を図るとともに、営業・サポート体制の充実を推進して行きます。

以 上