「AUTOWARP」

「AUTOWARP」

AUTOWARP 電話転送自動切替システム

1.AUTOWARPの概要

◆AUTOWARP(オートワープ、電話転送自動切替システム)とは

「AUTOWARP」とは、「各回線キャリアの電話転送サービス」を受けている電話回線に対し、「転送開始」「転送停止」「転送先変更」の切替処理を自動で行うシステムです。
NTTアナログ・INSボイスワープ以外の転送サービス(注)に対して、予約、即時の切替をまとめて一括で迅速・正確に行えるシステムは、実績豊富な「AUTOWARP」だけです。
(注)「AUTOWARP」は、基本仕様としてNTTアナログ・INSボイスワープに対応しています。
NTT東西(ひかり電話)、SoftBank(おとくライン)、
NTTコム(ひかりライン:旧名 ArcStar Direct)、
KDDI(ひかりダイレクト)も、オプションにて対応可能です。

◆システム構造(アーキテクチャ)

従来、電話転送の切替は、オペレータの電話機による手作業が唯一の方法でした。
AUTOWARPを搭載したPCサーバ(回線切替装置を含む)は、設定したスケジュールの日時になると、自動的に各回線キャリアのリモートコントロールセンターへダイヤルし、音声ガイダンスに従って、転送切替処理のダイヤル操作を行います。

AUTOWARP システム構造(アーキテクチャ)

2.AUTOWARPの特長と導入効果

◆システムの特長

  • 電話「転送開始/停止/転送先変更」を、予約時間(又は即時)から、迅速・正確に処理
  • AUTOWARP用の回線を増やせば、大量の電話転送処理もより迅速に実行可能
    (回線切替装置1台で4回線[4Ch]に対応。PCサーバ1台で回線切替装置を最大6台24回線まで対応)
  • 拠点の回線障害時などの緊急事態の発生時でも、慌てず、まとめて一括切替が可能
  • 大量データの一括切替もシームレスに処理可能 (1万件まで回線番号登録可能)
  • NTT(ひかり電話)、SoftBank(おとくライン)、NTTコム(ひかりライン)、KDDI(光ダイレクト)にも対応(オプション)

◆システムの導入効果

  • 金融庁、経済産業省、内閣府等が指導する「業務継続性の整備:BCM」を実現し、自然災害等被害時におけるお客様との連絡網を確保可能
  • 大量データの一括転送、処理の複雑な転送、深夜帯の作業にも、問題なく対応
  • 転送設定の忘れや手作業のミスで発生する「業務混乱と損失」を、確実に防止!
  • 回線工事による「お問合せ窓口電話」の変更/取戻しが多発する場合にも効果的
  • 運用労力の削減・少人数化に貢献。時間とコストを究極的に節減!
  • 電話転送処理の確実化・安定化は、顧客満足度を飛躍的に高めます。

3.機能概要、納品物、販売価格、動作環境

◆機能概要

  • 電話番号管理/休日管理/ユーザ管理/権限管理
  • 電話番号リストのCSVインポート・エクスポート
  • 転送構成管理/転送実行管理/転送状況管理/一括大量転送(即時転送/予約転送)
  • 転送履歴照会/転送履歴CSV出力
  • 転送異常発生時のアラーム鳴動機能
  • 転送異常発生時のメール通知機能(オプション)
  • 転送切替後、転送先への自動確認ダイヤル(オプション)
  • AUTOWARPサーバへの遠隔操作機能(オプション)
    (※)別途、ネットワーク環境が必要

◆納品物(標準構成の場合)

  • AUTOWARP(ソフトウェア): 1式
  • AUTOWARP用サーバ(お客様ご用意も可能): 1台
  • 回線切替措置: 1台
  • 操作手順書: 1式

◆販売価格

オープン価格
(別途、年間保守契約が必要)
詳細につきましては、お気軽にお問い合わせください。

◆動作環境

OS:Windows Server 2008 R2 以降
CPU:デュアルコアXeon X3210(2.13GHz)以上、MEM:4GB以上
空きHDD領域:10GB以上
DB:MS SQL Server 2012 Standard 以降
AUTOWARP専用回線:INS64

4.お見積書ご依頼の際にご提供頂きたい要望項目

(弊社担当部署のメールアドレスは本ページの最下段をご参照ください)

  • ① "ピーク時"における、切替対象番号数:
    <例>毎日の18時に50番号を切替
  • ② 前記①項における、ご希望の切替目標時間:
    <例>10分以内に切替完了
  • ③ 切替対象番号の回線種別と各回線数:
    <例>NTT東西(ISDN)× 3回線、ひかり電話、ひかりライン、SOFTBANK、KDDI
  • ④ 導入ご予定の日程:
    <例>2010年11月1日サービスイン予定
  • ⑤ 設置場所:
    <例>東京都江東区
  • ⑥ AUTOWARPサーバの手配:
    <例>御社がご用意、または弊社経由で新規購入
  • ⑦ AUTOWARPサーバの形状:
    <例>タワー型、デスクトップ型、ノート型、ラック型
  • ⑧ ラック型サーバを弊社経由で購入される場合のKVMコンソールドロア:
    <例>追加見積要望、または見積不要

5.ご注文から導入(運転開始)までの流れ

設置日は、お客様のご都合により多少調整が必要な場合があります。

AUTOWARP 注文から導入(運転開始)までの流れ

6.導入実績および適用分野

◆導入実績

  • NTTコミュニケーションズ(株)
  • 金融/証券業から情報/通信業まで、様々な企業様にご導入頂いております。
  • 導入実績(最大規模):INS64×24回線(48Ch)。1時間以内に約5,000回線を同時に切替
    ※AUTOWARPの電話番号登録件数および回線切替可能最大件数は、制限ありません。

◆適用分野

  • 大手カード会社の電話受付業務
  • テレフォンショッピング会社
  • ホームショッピング会社の電話注文受付業務
  • お問合せ窓口電話が分散されている会社
  • 各種コールセンターなど・・・

回線工事によるお問合せ窓口電話の変更/取戻しが多発する場合にも効果的に対応できます。 もちろん定時後(又は休日)のスケジュール予約処理も可能です。

◆免責事項

  • 本ページ記載中の会社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。
  • 本ページ記載中の仕様については、予告なく変更する場合があります。

7. AUTOWARPの「FAQ」は こちらへ

AUTOWARPの「FAQ」です。 お客様からよく質問されたものをまとめております。

20番号以下の切替をご検討のお客様

切替対象の電話番号が20番号以上のお客様は、是非、「転送録」電話転送サービス のご導入をご検討ください。

「転送録」電話転送サービス