月別アーカイブ: 2016年10月

ニュース

ニュース

「メールで電話がかけられる!」 画期的新サービス「急コール」を開発

2017年9月26日

~ 複数の相手に発信、プッシュボタンで応答も可能。
特許出願中、「CEATEC JAPAN 2017」にも出展 ~


株式会社ワイドテック(本社・東京都千代田区、代表取締役・李光一郎)では、電子メールを1通送信するだけで、複数の相手に電話を自動発信できる新しい通信サービス「急コール(きゅうコール、欧文表記:CueCall)」を開発し、このほど提供を開始しました。

複数の相手に対して連絡を取りたい場合、最近ではSNSアプリなどが利用されることも増えていますが、急ぎの連絡手段として多くの人が思い浮かべるのは「電話」、次いで「メール」という調査結果が出ています。*

*出典: 「防災についてのアンケート・ランキング 第2弾(2016年7月29日、ニフティ株式会社)」
http://chosa.nifty.com/life/chosa_report_A20160729/6/
設問「緊急時の連絡手段として、想定しているものは?(複数回答可)」に対する3,074 件の有効回答中、1位は「携帯・スマートフォンの電話」76%、2位は「自宅の電話」と「メール」が40%(同率)

電話は特に即時性に優れていますが、基本的に1対1の連絡手段である上、連絡を取りたい相手に1人ずつ電話をかけたとしても、必ず出てもらえるとは限りません。
そこで当社では、急を要する場合の連絡手段として最も想起率の高い「電話」と「メール」を組み合わせ、メールを合図(cue)に電話を自動音声により発信する(call)技術を開発しました。さらに、当社がクラウド型電話転送サービス「転送録」で培ってきた「順次転送」のノウハウも応用し、1本のメールで複数の相手に電話発信が可能な、これまでになかった画期的な通信サービス「急コール(CueCall)」として、完成に至ったものです。
なお、本技術につきましては、特許を出願しました。

    ■ 「急コール」の主な機能

    • メールを1通送るだけで、あらかじめ登録しておいた複数の相手を電話で呼び出せる
    • メールの内容を解析し、適切な相手を自動的に選んで電話発信
    • 電話を受けた相手は、自動音声案内を聞き、電話機のプッシュボタン(トーンダイヤル)で回答可能
    • メール送信者はWebまたはメールで、回答結果を閲覧可能
    • 音声合成による案内メッセージの自動生成(開発中、オプションとして提供予定)

    「急コール」の主な対象顧客としては、BCP(事業継続計画)対策のための連絡網を構築したい官公庁・自治体・企業、医療機関・介護業界、24時間・365日ノンストップ稼働の工場やデータセンター、警備業界、シフト勤務を行うサービス業界などを想定しています。

    本サービスの提供価格は、案件ごとの個別見積とします。

    ■ CEATEC JAPAN 2017に出展します

    当社では「急コール」を、来る10月3日(火)~6日(金) に幕張メッセにて開催される、国内最大のCPS(サイバーフィジカルシステム)とIoT(モノのインターネット)の総合展示会「CEATEC JAPAN 2017」に出展し、デモや導入のご相談を承ります。

    《CEATEC JAPAN 2017について》

    会期 2017年10月3日(火)~6日(金)
    場所 幕張メッセ(千葉市美浜区)
    URL http://www.ceatec.com/ja/
    当社ブース番号 ホール2 C127(ホール2入口階段を降りて左手すぐ)

    ワイドテックでは、「急コール」をはじめとしてユニークな電話関連サービス・製品を豊富に取り揃え、電話をもっと便利に活用するための多彩なソリューションを引き続き提案して行きます。

    以 上

    お問い合わせ先:
    株式会社ワイドテック
    プロダクト事業部「急コール」営業担当
    電話:03-5829-4886 FAX:03-5829-6258
    E-mail: cuecall@widetec.com
    「急コール」Webサイト: https://cuecall.jp

    【ご参考】

    1) 「急コール」のサービスイメージ

    1) 「急コール」のサービスイメージ

    2) 「急コール」ご利用例(ビル管理での異常発生対応)

    2) 「急コール」のサービスイメージ

ニュース

クラウド型電話転送「転送録」に 8つ目の新サービス「転送先増設」を追加

2017年9月19日

~ 各通信キャリアの制限をカバー、転送先の増設が何件でも可能「CEATEC JAPAN 2017」に出展、「基本料金半額クーポン」も配布します ~


株式会社ワイドテック(本社・東京都千代田区、代表取締役・李光一郎)では、好評のクラウド型電話転送サービス「転送録」に新たなサービスメニューとして、従来の転送サービスよりも多くの転送先電話番号を取り扱うことができる「転送先増設」を追加し、本日より提供を開始します。


    各通信キャリアの提供する電話転送サービス(NTTボイスワープなど)では、登録が可能な転送先の件数は最大でも5件までという制限があり、新しい転送先を登録したい場合は、先に登録した転送先を上書きしなければなりませんでした。また、登録されている転送先の変更は、電話機による手動のダイヤル操作を行う必要がありました。

    そこで、6件以上の転送先の電話番号を登録したいユーザーからのニーズに応えるべく、「転送録」の8つ目のサービスメニューとして「転送先増設」を開発しました。

    本サービスは、各通信キャリアの電話転送サービスの転送先に「転送録」の050IP電話番号を経由させ、同050IP電話番号内で転送先を増やす新発想により、ご契約数に応じて何件でも登録可能としました。

    また、電話機からの手動ダイヤル操作を必要とした各通信キャリアの電話転送サービスとは異なり、転送先の登録は、Webサイト上の操作で容易に行うことが可能です。さらに、各通信キャリアの転送サービスにはない、スケジュールによる転送先の自動切替も、オプションにて提供しています。

    多人数のシフト制による交代勤務、転送対象者が固定電話と携帯電話を使い分けているなど、多数の転送先の登録と切替を必要とする事業所に便利な新サービスです。

  1. 【「転送録」転送先増設サービスの概要】
  2. – 転送先の登録と切替が「転送録」Webサイトから可能
    – スケジュールによる切替の自動化(オプション)にも対応
    – 基本料金\1,000(転送先10件を含む)からの手頃な月額利用料金
    詳細は、「転送録」Webサイトの「転送先増設」紹介ページにて案内しています。
    https://www.10so6.com/product-info/listexpand

  3. ■ CEATEC JAPAN 2017に出展します
  4. 当社では「転送録」を、来る10月3日(火)~6日(金) に幕張メッセにて開催される、国内最大のCPS(サイバーフィジカルシステム)とIoT(モノのインターネット)の総合展示会「CEATEC JAPAN 2017」に出展します。

    当社ブースでは「転送録」のデモや導入のご相談、お試しサービスのご案内とともに、ご来場いただいた方への特典として、「転送録」各サービスの新規契約時から3ヶ月間の月額基本料金が50%割引となる「基本料金半額クーポン」を配布します。

    《CEATEC JAPAN 2017について》

    会期 2017年10月3日(火)~6日(金)
    場所 幕張メッセ(千葉市美浜区)
    URL http://www.ceatec.com/ja/
    当社ブース番号 ホール1 C127(ホール1入口階段を降りて左手すぐ)

    ワイドテックでは、引き続き「転送録」を当社電話関連事業における主力サービスとして、サービスのさらなる充実を図りながら、今後とも電話をもっと便利に活用するための多彩なソリューションを提案して行きます。

以 上

本プレスリリースに関するお問い合わせ先は、以下の通りです。

株式会社ワイドテック
プロダクト事業部「転送録」担当
電話:03-5829-4886 FAX:03-5829-6258
E-mail: 10so6.support@widetec.com
「転送録」Webサイト: https://www.10so6.com