ニュース

新製品「POLESTAR Automation V3」を「Japan IT Week 2019 秋」に出展

2019年9月27日

~ エージェントレス管理・API連携対応の製品版を初披露 ~

株式会社ワイドテック(本社・東京都千代田区、代表取締役・李光一郎)では、来る10月23日(水)から25日(金)まで幕張メッセにて開催される大型IT展示会「Japan IT Week 2019 秋」に、ITインフラ運用自動化ソリューションの新製品「POLESTAR Automation V3」を出展します。

POLESTAR Automation V3は、扱いやすいユーザーインターフェース、導入から運用開始までを短期間で実現できる500以上の豊富なジョブテンプレート、幅広いOS・ネットワーク機器を統合的に管理可能な汎用性を特徴とする、構成管理の自動化のためのソリューションです。
先日9月11日の出荷開始以来、製品版としては展示会初公開となる今回は、ブースを従来の2倍の規模に拡大し、API連携をはじめとする多彩なデモを披露します。


  1. ■ POLESTAR Automation V3の概要
  2. POLESTAR Automation V3は、ユーザーインターフェース(UI)を全面的に刷新し、併せて発売以来ユーザーからの要望が特に多かったサーバー運用のエージェントレス対応、外部ツール連携のためのREST APIなどの新機能を搭載した、ITインフラ運用自動化・構成管理のための最新鋭ソリューションです。


    • 従来からの定評あるエージェント方式に加え、新たにエージェントレス方式によるサーバー運用管理にも対応
    • 外部ツールとの連携のためのREST APIを搭載し、例えばZabbix(R)などのモニタリング製品からのアラートをトリガーとした、障害対応の自動化が可能に・ネットワーク機器管理機能の一層の充実を図り、新たに専用ライセンス「NetworkEdition」も提供
    • UIの全面HTML5化とウィジェット導入により、これまでにない軽快な操作感と高いカスタマイズ性を実現

  3. ■ Japan IT Week 2019 秋での展示内容
  4. 従来の2倍の規模での出展となるブースに、POLESTAR Automation V3のデモ環境をご用意し、新しいUIの軽快な操作感や豊富な機能をタッチ&トライできます。
    特に、今回は注目の新機能として、ZabbixとのAPI連携をデモします。
    また、会場には技術および営業担当者が常駐し、来場者の皆様からの製品や導入に関するご質問、デモやPoC(概念実証)実施に関する相談に応じます。

    会期 2019年10月23日(水)~25日(金)
    10:00~18:00 [最終日25日(金)のみ 10:00~17:00]
    会場 幕張メッセ(千葉市美浜区・幕張新都心)
    入場料金 公式サイトからの事前登録により、無料で入場できます。
    ※当日入場の場合: \5,000(税込)
    当社ブース番号 7-12(ホール5)[情報セキュリティ EXPO【秋】エリア]
    ※「NKIA」社との共同出展となります

    ワイドテックでは、幅広い運用シーンと多様なニーズに対応可能な、「使いやすく、確実に効果が出る」運用自動化ソリューションの提供を目指し、引き続きPOLESTAR Automationの製品力強化を図るとともに、販売・サポート体制の充実を推進していきます。

以 上