アーカイブ

社長ブログ

ボールペン習字にチャレンジ(結果)

2018年1月8日

2018元旦ハガキ

明けましておめでとうございます。
ワイドテックのホームページをご覧いただいているすべての皆様に、この場をお借りして、2018年新春のご挨拶を申し上げます。

昨年7月14日の本ブログ「ボールペン習字にチャレンジ」で予告させて頂きました通り、去る9月初め頃から、美しい文字が書けるようになる練習用ノートを秋葉原のヨドバシカメラで何冊も買う等、本格的なボールペン習字にチャレンジをし始めました。

日頃の業務の合間を縫いながら字の練習に臨んではいましたが、その直後に大型のSI案件が本格化する等、年末まで多忙を極めてしまった関係もあり、当初の意気込みほど十分な練習はできなかったと思います。

字も昨年と比べてそれほど上達したとは言えませんが、それでも多少は進歩したような気はしています。大変楽しく、有意義な経験となりました。

2018元旦ハガキ そして、いよいよ練習の成果を披露しようと、12月の中旬頃から気合を入れて年賀状にお一言を書き始めました。このために、今回の年賀状を昨年11月頃に印刷する際、社内のデザイナーにお願いをして、絵柄や新年のメッセージと住所・社名との間に、個別のお一言を書くためのスペースをわざわざ確保もしてもらっていました。

最初は、ひたすら必死に字を綺麗に書くことしか考えていませんでした。ところが、自筆で何枚かの年賀状の隅に書いているうちに、果たしてこれで相手に私の思いがきちんと伝わるのだろうか? と、ふと我に返ってしまいました。

さすがに気合だけでは心が込もっていないと思い、最初の10数枚はそのまま捨ててしまったのです。その後、当社の全社員やお客様との出来事を思い出しながら、1枚1枚に心を込め、私の気持ちが伝わるよう、丁寧に丁寧に書き添えはじめました。150枚程度は書いたでしょうか。

年賀状にお礼や激励の一言を書き添えながら気付いたのは、字の綺麗さも大切ながら、相手に私の気持ちがきちんと伝わるのかどうかが、何よりも大切だということです。

社員には、もっと直接対話を図って会社の方針や現状を伝えたり、忌憚なく意見交換したりしながら、コミュニケーションを充実させて行こう。また、お客様には、自社製品の良さばかりを説明するのではなく、お客様の課題や困りごとに先ずは耳を傾け、その上でもっと的確な提案をしよう・・。そのように自覚し、心掛けて行きたいと改めて考えるに至りました。年賀状を書きながら、いろいろと反省点が思い浮かんできたのです。
更には、今回のボールペン習字へのチャレンジ、そして年賀状の手書きを通じて、私にとってはさまざまな教訓が得られ、昨年の1年間、そしてこれまでのワイドテックと自分の歩みを見つめ直す、大変良い機会にもなりました。

そして年が明け、社員からも、お客様からも、私からの年賀状に対するお返事を頂きました。1枚1枚に目を通しながら、さすがに嬉しさがこみ上げてきました。ありがとうございます。

このデジタル時代に、しかも私はITの仕事に携わる人間なのに、今時アナログツールのハガキかよ、と言われてしまいそうですが、年賀状を頂いて嫌な顔をする人は誰一人いないでしょう。やはり三が日中に年賀状を待つ気持ち、期待感には格別なものがありますし、もらうと温かい気持ちになりますよね。ハガキには計り知れない魅力があります。

今日、私はハガキ100枚を新たに購入しました。年賀状のみならず、今後はお客様や社員、友人達とのコミュニケーションにも、思い立ったら気軽にハガキを活用して行きたいと思っています。

更にさらに、私は綺麗な字を書こうとすること自体がストレス発散にもなることに気づきました。まだまだ自分の字には自信ありませんが、そもそも私は字を書くのが苦でもなく、むしろ字を書くのが好きな方だったということです。

今回のボールペン習字へのチャレンジは、比較的簡単な横書きの楷書の練習から始めましたが、これで終わりではなく、これからも引き続き、隷書・行書・草書(横書きや縦書き)へとバラエティを拡げながら、チャレンジを続けてまいりたいと思います。

今後とも、さらに綺麗な字を目指して、もっともっと練習に励んでいきます!
ありがとう! ボールペン習字!!

社長ブログ

ボールペン習字にチャレンジ

2017年7月14日

2014元旦年賀状

プリンターが普及して以来、手紙や報告書など、手書きで字を書く機会というものが減少の一途を辿っています。これは、ご自分の字に自信を持っていない方には、ハンディを感じさせない良い時代になったと言っても良いでしょう。

実は私自身も、自分の字にはあまり自信がない人の1人なので、毎年の年の瀬には、年賀状に書き添える一言メッセージのため、字を書く練習には時間をかけるよう心がけていますが、それでも結果的には、自分の書いた字に満足できぬまま、ポストに投函せざるを得ませんでした。
(右は2014年元旦の年賀状の例)

自分の気持ちが相手に伝わらないのではと思うと、心が痛むこともあるのですが、その都度「何とかならないものか・・」と思う程度で、ついつい無精になり、気がつくと十数年もの時間が過ぎてしまいました。

私は以前から、さりげなく美しい文字を書ける方が憧れでした。
また、その人の人柄が出ているかのような個性的な字にも惹きつけられます。
綺麗な手書きの字を見ると本当に心を打たれますし、私もそのような文字が書ければな・・と夢見てきました。
でも現実は、今日明日と延ばすばかりで、長年の癖を直すのはやっぱり難しいものだ、とつくづく感じています。

皆さんは、ご自分の筆跡についてどう思っていらっしゃいますか? ご自分の書かれる字はお好きですか?
私は、自分の字が恥ずかしいほどではないとは思っているものの、もう少し何とかならないものかと内心悩んでいましたので、今回、思い切ってチャレンジすることを決意しました。

「2018年の元旦には、全社員、そしてお客様や友人に、心を込めた綺麗な一言メッセージを書き添えて年賀状をお送りすることを、目標にします!」

そういうわけで、私の細やかなチャレンジの第1号として掲げたのが、この「ボールペン習字」です。
本当に綺麗な字が書きたいですね。ご期待ください!

社長ブログ

ブログを始めます。

2017年7月10日

はじめまして。李光一郎と申します。
ブログというものをはじめて書くことにしました。


私もそうですが、三日坊主というか尻切れトンボ的な方は少なからずいらっしゃるかと思います。
というのもあり、こういった場をお借りして成し遂げられる最後までの過程を、私の細やかなチャレンジをテーマに、ちょいちょい載せてまいりたいと思います。

チャレンジはこれからになりますが、何よりも自分の意志力や人間力を少しでも高めていければというのが、このチャレンジの一番の目的です。


チャレンジは、時間と体力的な制限等で多少の無理も伴うかとは思いますが、楽しくやってまいります。
ご期待くださいませ。

私のこれからの変化を、実は私が一番期待しているかもしれませんね。(笑)