アーカイブ

社長ブログ

社訓について

2018年8月30日

社訓について

当社、ワイドテックは西暦2000年の創業で、今年2018年で18周年、2年後の2020年には20周年を迎えることになります。
「和合と団結」「技術大革新」「新未来開拓」という当社の社訓は、18年前の創業当時、私が作ったものです。それぞれに込めた思いを、ここで披露しておきたいと思います。


まずは、「和合と団結」ですが、全てのベースを支えていく大事なものであります。いくら売れる製品を持っていても、その組織や人間関係が安定していなければ、その会社は長く続かないでしょう。社長室のドアの内側には、以前から「笑顔で率先疎通」と書かれた貼り紙があります。私自らがオープンマインドで積極的に社員たちに寄り添っていきたいという気持ちを保ち続けたいからです。 私は国が提唱する「働き方改革」に大賛成です。出産を経て復帰したママさん社員も、何人かいます。立派な方々です。また、退職した社員からも何人かが戻ってきています。当社の考え方に間違いはなかったのではと、ほっとしています。これからも有意義に働ける環境を、もっともっと整えて行きたいと思います。

次は、「技術大革新」ですが、まずは昨年12月頃、当社では初めて「急コール(緊急時のメール連絡を電話で確実に伝え、回答を迅速に入手する通信サービス)」という、社内独自開発の成果が特許を取得しました。ご存知のように、ITは凄まじく技術進歩が速いです。先進技術なくしては会社も成長できませんし、社員のモチベーションも高まりません。当然ながら、当社も技術で成り立つ企業を目指しています。とにかく最先端の技術を社内に浸透させ、社員の技術力を上げて行きたい、その一念のみです。

そして、「新未来開拓」ですが、当社は従来、ソフトウェア・メーカーになるという方針のもと、自社研究開発に拘ってきました。それは私の製品企画力にも自信があったからでした。しかし、会社の規模が大きくなるにつれ、私の社内での業務も増えた結果、直にお客様と会う機会は減ってしまい、良いアイデアもあまり出なくなってしまいました。 このままでは新未来の開拓どころか、明日・来月・来年の成長イメージすら見えなくなってしまう…と悩んでいたところ、ある日、社員の業務分布を確認していて、およそ7割がサーバーやネットワーク、セキュリティなど、インフラ系のエンジニアであることに気づいたのです。この貴重なリソースを未来に生かせないものかと考え、導き出した方向性が、研究開発機能を持った「IT商社」への変身です。

今では、国内で必要とされている海外製品の導入プロジェクトが楽しくなってきました。社員たちも今の仕事が楽しく、また会社の将来が明るくなったと喜んでいます。社員のモチベーションアップと技術力の向上が果たせれば、将来(新未来)は当然怖くないと思います。市場開拓もしやすくなると確信しています。前進あるのみです!

社長ブログ

当社を起業したきっかけ

2018年8月30日

当社を起業したきっかけ

本日、ワイドテックでは事業拡大に向けた採用活動強化の一環として、採用ページをリニューアルいたしました。
採用ページの制作に携わりながら、創業当時のことがいろいろと思い出され、非常に懐かしい気持ちになりました。せっかくの機会ですので、採用ページには盛り込みきれなかった、創業に至るまでの前史をこちらでご紹介させてください。


私が新入社員の頃、業務への不慣れから「仕事とは、何でこんなに複雑で難しいものなのか」と思う日々が続いていました。業務を把握するスピードやアイデア出しには、誰よりも自信があったのですが、実務はそれほど好きではなく、特に自分に与えられた仕事については「面倒だな…もっと楽に済ませられないものかな…」とばかり考えていたものです。

そんな新人時代を経て、いつしか、良い方向に頭が回転するようになり、社内では自らシステムの企画を提案し、その能力を評価されるようになりました。そうした考案力や実践力・管理力等は、起業後も大いに役立っています。もちろん、今は仕事も大好きですが。(笑)

ところで、1999年末頃、「2000年問題(Y2K)」が深刻な課題となっていました。当時、私は某大手IT企業の東京データセンターで勤務するSEとして、Y2Kへの対応に余念がありませんでした。事前に万全の対策を取って臨んだのですが、さすがに同年12月31日の23時59分59秒から、時計の長い針が2000年の午前0時0秒を回る瞬間は、緊張感で心臓が止まりそうになりました。幸い、殆どのサーバーは何のトラブルも起こすことなく、待ちに待った2000年元旦の静かな朝を迎えられたのです。
その時、ふと思い付いたことがありました。Y2K対応を振り返ってみると、果たして莫大なコストを投じて対応するほどの大騒ぎだったのか? 多くの無駄な費用と手間が掛けられてしまったのでは? と、疑問を抱かずにはいられなかったのです。

要するに、全てのサーバーに対してY2Kのような問題を自動的に解決してくれるようなツールがあれば、とひらめいたのです。現在の当社製品、IT運用自動化ソリューションPOLESTAR Automationは正にそのためのツールなのですが、当時の上層部は、巨費を投じて人海戦術で対応するのが当然と考えていたのです。そんな考えに納得が行かず、以来、トラブルの予測や、トラブルが起きても迅速に自動で復旧してくれるようなシステムを、自らの手で開発したいと願うようになったのです。

先のY2K対応が一段落した後、私は「TOGOS(サーバーや端末を[TOGO]統合化する[S]システム)」というNMS端末の統合管理システムをお客様に提案させて頂きました。これがお客様のニーズに見事に合致し、さらに技術力とアイデアも評価されて起業を勧められ、自ら提案したTOGOSの開発までも一任して頂くことになったのです。大変光栄でした。ちなみにこのTOGOSという名称も、私が考案したものです。

創業する時に感じたのは、お客様は提案の良さや、発注コストが安いだけで喜んでもらえるのではない、ということでした。些細なことであっても、一つ一つの真面目さや真心が伝わった時こそ、お客様に喜んでいただけたのです。言い換えると、相手を喜ばせる、相手の心を動かすのは、任されたその仕事をまず我々自身が楽しむこと、そして結果にも満足することだと思うようになったのです。お客様の成功を第一位に考え、私たちは永遠の二位で構わない、という気持ちが、今も当社の企業理念に込められています。

当社の企業理念は、以上のような経緯から誕生したものです。

①社員の成長意欲を高め続けること
②会社の繁栄と社員の幸せを、公平に追求し続けること
③お客様や社会の進歩発展に貢献し続けること


社長ブログ

「マジック(奇術、手品)」にチャレンジ

2018年6月22日

「マジック(奇術、手品)」にチャレンジ

マジックは今までやったこともなければ、勉強したことも全くありませんでしたが、手品師の舞台裏がどうなっているのかや、テレビで視るその技には、以前から大変興味を持っていました。

社内の各種イベントや集りを盛り上げたり、お客様訪問時とかでわずかな時間を利用するなど、私の印象や弊社製品の良い印象を、少しでも長く相手方に残せることができれば、と考えたのが、マジックにチャレンジするきっかけとなりました。

あと、私は自分の会話力にそれほど自信をもっている訳ではありませんが、そうした私の弱点をカバーしたいという背景もあります。さらに、その場の雰囲気を和らげたいとか、相手を少しでも楽しませたい、相手の笑顔を誘いたい場合にも、マジックは有効活用できそうだというのも理由にあげられますね。マジックは、相手とコミュニケーションをとるのには本当に有効な手段ではないかと思います。

マジックを勉強するに当たっては、どこから何をどう調べればよいか、あるいはどのように練習を始めれば良いかすら分からないので、少々不安でもありますが、やると楽しそうなので、今回のチャレンジのテーマとさせて頂きました。完成度の高い?(笑)パフォーマンスを、このブログ内の動画を通じて皆様にもぜひお披露目できるよう頑張ってまいります。

まず、今年中には、5本以上の斬新なマジックにチャレンジします!

どうぞご期待ください。

社長ブログ

ボールペン習字にチャレンジ(結果)

2018年1月8日

2018元旦ハガキ

明けましておめでとうございます。
ワイドテックのホームページをご覧いただいているすべての皆様に、この場をお借りして、2018年新春のご挨拶を申し上げます。

昨年7月14日の本ブログ「ボールペン習字にチャレンジ」で予告させて頂きました通り、去る9月初め頃から、美しい文字が書けるようになる練習用ノートを秋葉原のヨドバシカメラで何冊も買う等、本格的なボールペン習字にチャレンジをし始めました。

日頃の業務の合間を縫いながら字の練習に臨んではいましたが、その直後に大型のSI案件が本格化する等、年末まで多忙を極めてしまった関係もあり、当初の意気込みほど十分な練習はできなかったと思います。

字も昨年と比べてそれほど上達したとは言えませんが、それでも多少は進歩したような気はしています。大変楽しく、有意義な経験となりました。

2018元旦ハガキ そして、いよいよ練習の成果を披露しようと、12月の中旬頃から気合を入れて年賀状にお一言を書き始めました。このために、今回の年賀状を昨年11月頃に印刷する際、社内のデザイナーにお願いをして、絵柄や新年のメッセージと住所・社名との間に、個別のお一言を書くためのスペースをわざわざ確保もしてもらっていました。

最初は、ひたすら必死に字を綺麗に書くことしか考えていませんでした。ところが、自筆で何枚かの年賀状の隅に書いているうちに、果たしてこれで相手に私の思いがきちんと伝わるのだろうか? と、ふと我に返ってしまいました。

さすがに気合だけでは心が込もっていないと思い、最初の10数枚はそのまま捨ててしまったのです。その後、当社の全社員やお客様との出来事を思い出しながら、1枚1枚に心を込め、私の気持ちが伝わるよう、丁寧に丁寧に書き添えはじめました。150枚程度は書いたでしょうか。

年賀状にお礼や激励の一言を書き添えながら気付いたのは、字の綺麗さも大切ながら、相手に私の気持ちがきちんと伝わるのかどうかが、何よりも大切だということです。

社員には、もっと直接対話を図って会社の方針や現状を伝えたり、忌憚なく意見交換したりしながら、コミュニケーションを充実させて行こう。また、お客様には、自社製品の良さばかりを説明するのではなく、お客様の課題や困りごとに先ずは耳を傾け、その上でもっと的確な提案をしよう・・。そのように自覚し、心掛けて行きたいと改めて考えるに至りました。年賀状を書きながら、いろいろと反省点が思い浮かんできたのです。
更には、今回のボールペン習字へのチャレンジ、そして年賀状の手書きを通じて、私にとってはさまざまな教訓が得られ、昨年の1年間、そしてこれまでのワイドテックと自分の歩みを見つめ直す、大変良い機会にもなりました。

そして年が明け、社員からも、お客様からも、私からの年賀状に対するお返事を頂きました。1枚1枚に目を通しながら、さすがに嬉しさがこみ上げてきました。ありがとうございます。

このデジタル時代に、しかも私はITの仕事に携わる人間なのに、今時アナログツールのハガキかよ、と言われてしまいそうですが、年賀状を頂いて嫌な顔をする人は誰一人いないでしょう。やはり三が日中に年賀状を待つ気持ち、期待感には格別なものがありますし、もらうと温かい気持ちになりますよね。ハガキには計り知れない魅力があります。

今日、私はハガキ100枚を新たに購入しました。年賀状のみならず、今後はお客様や社員、友人達とのコミュニケーションにも、思い立ったら気軽にハガキを活用して行きたいと思っています。

更にさらに、私は綺麗な字を書こうとすること自体がストレス発散にもなることに気づきました。まだまだ自分の字には自信ありませんが、そもそも私は字を書くのが苦でもなく、むしろ字を書くのが好きな方だったということです。

今回のボールペン習字へのチャレンジは、比較的簡単な横書きの楷書の練習から始めましたが、これで終わりではなく、これからも引き続き、隷書・行書・草書(横書きや縦書き)へとバラエティを拡げながら、チャレンジを続けてまいりたいと思います。

今後とも、さらに綺麗な字を目指して、もっともっと練習に励んでいきます!
ありがとう! ボールペン習字!!

社長ブログ

ボールペン習字にチャレンジ

2017年7月14日

2014元旦年賀状

プリンターが普及して以来、手紙や報告書など、手書きで字を書く機会というものが減少の一途を辿っています。これは、ご自分の字に自信を持っていない方には、ハンディを感じさせない良い時代になったと言っても良いでしょう。

実は私自身も、自分の字にはあまり自信がない人の1人なので、毎年の年の瀬には、年賀状に書き添える一言メッセージのため、字を書く練習には時間をかけるよう心がけていますが、それでも結果的には、自分の書いた字に満足できぬまま、ポストに投函せざるを得ませんでした。
(右は2014年元旦の年賀状の例)

自分の気持ちが相手に伝わらないのではと思うと、心が痛むこともあるのですが、その都度「何とかならないものか・・」と思う程度で、ついつい無精になり、気がつくと十数年もの時間が過ぎてしまいました。

私は以前から、さりげなく美しい文字を書ける方が憧れでした。
また、その人の人柄が出ているかのような個性的な字にも惹きつけられます。
綺麗な手書きの字を見ると本当に心を打たれますし、私もそのような文字が書ければな・・と夢見てきました。
でも現実は、今日明日と延ばすばかりで、長年の癖を直すのはやっぱり難しいものだ、とつくづく感じています。

皆さんは、ご自分の筆跡についてどう思っていらっしゃいますか? ご自分の書かれる字はお好きですか?
私は、自分の字が恥ずかしいほどではないとは思っているものの、もう少し何とかならないものかと内心悩んでいましたので、今回、思い切ってチャレンジすることを決意しました。

「2018年の元旦には、全社員、そしてお客様や友人に、心を込めた綺麗な一言メッセージを書き添えて年賀状をお送りすることを、目標にします!」

そういうわけで、私の細やかなチャレンジの第1号として掲げたのが、この「ボールペン習字」です。
本当に綺麗な字が書きたいですね。ご期待ください!

社長ブログ

ブログを始めます。

2017年7月10日

はじめまして。李光一郎と申します。
ブログというものをはじめて書くことにしました。


私もそうですが、三日坊主というか尻切れトンボ的な方は少なからずいらっしゃるかと思います。
というのもあり、こういった場をお借りして成し遂げられる最後までの過程を、私の細やかなチャレンジをテーマに、ちょいちょい載せてまいりたいと思います。

チャレンジはこれからになりますが、何よりも自分の意志力や人間力を少しでも高めていければというのが、このチャレンジの一番の目的です。


チャレンジは、時間と体力的な制限等で多少の無理も伴うかとは思いますが、楽しくやってまいります。
ご期待くださいませ。

私のこれからの変化を、実は私が一番期待しているかもしれませんね。(笑)